東京 は 江戸川区 と 葛飾区 の境に位置する ダイビングショップ & ダイビングスクール。 JR総武線・新小岩駅から徒歩約8分。 発行CカードはPADI伊豆や千葉への日帰りファンダイビング、毎週開催中!

03-3674-3411
12:00~20:00
[火曜定休]

HOMEダイビングスクールメニューダイバーの方 > レベルアップコース一覧 > ダイブマスターコース

PADI ダイブマスターコース

プロレベルへの最初のステップとなるコースです。 ダイビング知識と技術をプロレベルまで高めていただきます。コース修了後は、ダイバー達のリーダーとして、様々な場で活躍できる機会が得られます。

コース終了後はこんなことができるようになります…

・PADIダイブセンターやダイビングサービスのスタッフとして働くことができる。
・PADIインストラクターと一緒にお客様のアシストができる。
・PADIスキンダイバーコースを単独で実施し、認定ができる。
・PADIディスカバー(体験)スノーケリング・プログラムを実施できる。
・OWDランク以上の認定ダイバーのPADIスクーバ・リビュー・プログラムを実施できる。
・PADIディスカバー・ローカル・ダイブ・エクスペリエンス・プログラム(ファンダイブガイド)を実施できる。
・エマージェンシー・ファースト・レスポンスコースを実施できる
・単独でディスカバー(体験)スクーバ・ダイビングを実施できる

追加の講習は必要となります。
上記は更新手続きを完了し、保険加入をしていることが条件となります。

参加前条件

(1) PADIアドバンスド・オープン・ウォーター・ダイバーを有していること。
(2) PADIレスキュー・ダイバー、または、それに相当する資格を有すること。
(3) 過去24ヶ月以内にEFR一次および二次ケア・トレーニングを修了していること。
(4) 医師の署名の入った病歴診断書の提出(12カ月以内)
(5) ログブックに最小限40回のダイブが完了していること。
認定時にはナイト、ナビゲーション、ディープの経験を含む60回必要
(6) 18歳以上であること。

コース内容

【知識の開発】
(1) 「PADIダイブマスターの役割と資質」 すべての水中セッションの前までに
(2) 「認定ダイバーの監督」 実践評価の前までに
(3) 「生徒ダイバーのアシスト」 実践評価の前までに
(4) 「ダイバーの安全とリスク・マネージメント」
(5) 「ダイブマスターが実施できるプログラム」
(6) 「特殊スキルと活動」
(7) 「ダイビングビジネスとキャリア」
(8) 「ダイビング環境への意識」
(9) 「潜水理論の復習」
・最終クイズの合格が必要となります

【水中スキル開発】
水中能力実習
(1) 「400m水泳」
(2) 「15分間立ち泳ぎ」
(3) 「800mスノーケルスイム」
(4) 「100m疲労ダイバー曳行」
(5) 「水中器材交換」

ダイバーレスキュー
・限定水域もしくは海洋で実施

ダイブスキル
・ワークショップ
・24基本スキルのお手本レベルへの開発と評価
(スキンダイビングスキルも含む)

【実践と応用】
実践スキル
(1) 「ダイビングポイントでのセットアップと管理」
(2)「水中地図の作成」
(3) 「ブリーフィング」
(4) 「サーチ&リカバリーのシナリオ」(SP資格保有者クレジット可)
(5) 「ディープダイビングのシナリオ」(SP資格保有者クレジット可)

ダイブマスターが実施できるプログラムのワークショップ
(1) 「限定水域でのスクーバ・リビュー」
(2) 「スキン・ダイバー・コースとスノーケリングの監督」
(3) 「限定水域でのディスカバー・スクーバ・ダイビング・プログラム」
(4) 「ディスカバー・スクーバ・ダイビング・プログラムの追加のオープンウォーター・ダイブ」
(5) 「オープンウォーターでのディスカバー・ローカル・ダイビング」

実践評価
(1) 「限定水域でのオープン・ウォーター・ダイバー・コース生徒」
(2) 「オープンウォーターでのオープン・ウォーター・ダイバー・コース生徒」
(3) 「オープンウォーターでの継続教育生徒ダイバー」
(4) 「オープンウォーターでの認定ダイバー」・・・・・実際の認定ダイバーのみ

プロフェッショナリズム評価
・実践応用終了までに…

認定にはナイト、ナビゲーション、ディープの経験を含む60回の潜水が必要となります

  受講に必要な日程
学科  自習形式の学科、DVDとマニュアルを利用した自習後、最終クイズの合格、解説
限定水域実習 最短でも2日間
海洋実習 最短でも3~4日間
上記はあくまで最低日数です。受講生の方の習熟度により変わります

コース料金

(1) コース料金 ¥95,000-(税込¥102,600)
含まれるもの ・コース修了までの講習料
含まれないもの ・必要教材費
・限定水域実習に伴う費用 
・海洋実習に伴う費用
・PADIへ支払う登録料・年会費
・現地での食費などの雑費

コース料金に含まれない費用

(2) 【必要教材費】
ダイブマスター・マニュアル ¥3,860+税
ダイブマスタービデオ(DVD) ¥4,800+税
インストラクターマニュアル(紙版orデジタル版) ¥17,000+税
エンサイクロペディア ¥13,000+税
ダイブマスタースレートセット(4枚) ¥4,400+税
ダイビングエデュケーションログ(プロ) ¥1,029+税
合計  ¥44,089(税込47,617)

⇒各教材の詳細はこちらをごらんください。

(3) 【海洋・プール実習に伴う費用】
プール実習費(1日・6時間) ¥15,000(税込¥16,200)
プール実習費(半日・3時間) ¥10,000(税込¥10,800)
海洋インターシップ(日帰り・2ダイブ) ¥16,000(税込¥17,280)
海洋トレーニング(日帰り・2ダイブ) ¥18,000(税込¥19,440)
 生徒様のスキル習熟度により、必要な日数は変化します。最短の目安として、プール実習2日間、海洋実習3~4日間必要となります。

(4) 【PADI登録費・年会費】
PADI 登録費 ¥10,000+税
PADI 年会費 ¥10,000+税
合計 ¥20,000(税込¥21,000)

総費用合計

(1) ダイブマスター・講習費 ¥95,000+税
(2) ダイブマスター教材費合計 ¥44,089+税
(3) プール実習・2日間 [¥15,000 × 2] ¥30,000+税
(3) 海洋実習・3日間 [¥16,000 ×3] ¥48,000+税
 ディープSPおよびサーチ&リカバリーSP保持者の方は、それぞれ課題が免除されます。それに伴い海洋実習の必要本数も少なくなりお安くなります。
PADI年会費・登録料 ¥20,000+税
合計  ¥237,089(税込¥256,057)

注意
・実習費に関しましては、最短で終了できた場合の目安とお考え下さい。課題の達成度によっては追加の実習費用がかかる場合がございます。
・上記実習金額はビーチでの価格です。実習がボートになった場合は、乗船代のみ実費でご負担いただきます。
・宿泊にて参加される場合、別途宿泊代が掛かります
(1泊2食付で¥8,000+税~)

【お支払い方法】
(1) お申し込み時
・講習費¥95,000+税 ・教材費¥44,089+税 が必要となります。
(2) 実習費に関しましては、プールや海に行った際でのご精算で結構です。
(3) コース終了の申請時に、PADI会費として¥20,000+税が必要となります。

誠に申し訳ございませんが、お支払いは現金、もしくは当店指定のショッピングローンにてお支払い下さい。

お申し込み時に必要なもの

・上記コース料金・教材代金のお支払い
・カラー証明写真2枚(3×4cm)
・お持ちのCカード全部の両面コピー
・40ダイブ以上記録されているログブック
・コース開始日までに、医師による診断が記入された「PADI病歴診断書」ご提出下さい。
PADI病歴診断書[pdfファイルダウンロード]
・未成年の方は、事前に保護者の方の許可と署名が必要となります。

youtubeチャンネル|ダイビングプロショップパル facebookページ|ダイビングプロショップパル twitter|ダイビングプロショップパル google+|ダイビングプロショップパル