東京 は 江戸川区 と 葛飾区 の境に位置する ダイビングショップ & ダイビングスクール。 JR総武線・新小岩駅から徒歩約8分。 発行CカードはPADI伊豆や千葉への日帰りファンダイビング、毎週開催中!

03-3674-3411
12:00~20:00
[火曜定休]

HOMEダイビングスクールメニューこれからダイビング > オープンウォーターダイバー eラーニング(オンライン学習)コース

eラーニング(オンライン学習)コース
PADI オープンウォーターダイバー (Cカード取得)

ネットの接続環境さえあれば、どこでも学科が修了できちゃいます

いつでもどこでもネットで講習|PADI eラーニング

PADI eラーニングとは?

 ひとことで言うと、学科部分がショップに通わなくとも自宅で完了できちゃうプランです。事前にダウンロードしておくことにより、ネット環境が無い場所でも「いつでも」「 どこでも」「 自分のペースで」オープン・ウォーター・ダイバー・コースの知識開発(学科)部分をオンラインで完結できる画期的なシステムなのです。PC、スマホ、タブレットでご利用可能。

忙しくてなかなか時間が取れない方でも気軽に始めることが可能です

学科部分の進め方のみが、通常コースとの違いとなります。

>>通常のオープンウォーターダイバーコースはこちらをご覧下さい

PADI eラーニング 必要な条件

PADI eラーニングそのものの料金は、全世界共通で「202米ドル」です。これは、オープン・ウォーター・ダイバー・コースの学科講習部分の料金とお考え下さい。お支払いはお申し込み時にクレジットカードでの決済となります。eラーニングへのアクセスは1年間有効となります。PADIオープンウォーターダイバーマニュアル・オンライン版には無期限にアクセスしてご覧いただけます。

PCやモバイルデバイスを使用してオフライン、またはオンラインで学習します。オフラインで利用の場合、事前のダウンロードが必要となります。

PADI eラーニングが終わったら?

PADI e ラーニングが終わったら、次はプールダイブと海洋実習です。ここからは実際のダイビング実習になりますので、インストラクターが直接指導いたします。

eラーニングからプリントアウトした「eラーニングレコード」とコース代金をお持ちの上、ショップにご来店ください。実技講習の流れやスケジュールについての打ち合わせしましょう。またオンライン学習では解決できなかった疑問や不安などございましたら、何でもお気軽にご相談ください。

簡単な18問の知識の確認(クイック・リビュー)の後、プールダイブや海洋実習へと進んでいきます。

  eラーニング修了後の流れ
学科 簡単な18問の知識の確認(クイック・リビュー)
浅場での講習 限定水域:5セッション
【最短1日】
海洋実習 海洋実習:4ダイブ
【最短2日間】

コース料金

eラーニングでの学科講習部分がカード決済の202米ドル(世界共通)
プールおよび海洋での実技部分が¥50,000(税込¥55,000)とお考え下さい。
この合計がeラーニングコースでのCカード取得までの総費用となります。

コース料金 世界共通 カード決済の212米ドル
(価格は2022/06現在、PADI USへの直接払いとなります)

通常期 ¥50,000(税込¥55,000)
夏季(7~9月)¥60,000(税込¥66,000)
含まれるもの ・Cカード取得までの全講習費
・オンラインマニュアル(アクセス期限なし)
・ログブックセット一式
・PADIへのCカード申請料 (税込み¥5,698)は含まれています
・海洋施設使用料 ・器材フルレンタル

※プール、海洋実習地まで車で送迎いたします。追加の費用はかかりません。
※ダイビング特約保険は当店で加入しております。

講習修了までの、ほぼ全てが含まれています。
含まれないもの 【消耗品費】
・ダイビンググローブ ¥3,500(税込み¥3,850から)
・水中マスクのくもり止め ¥600(税込み¥660)
・口でくわえるマウスピース¥1,800(税込み¥1,980)

・その他実習中の食事など、ごく個人的な雑費

PADI eラーニングのお申し込み

今すぐスタートできます!

PADI eラーニングのお申し込みはオンラインから可能です
実技講習に入る前に、必ず「ダイバーメディカル・参加者チェックシート」の記入、提出が必要になりますので、eラーニングをお申し込みされる前に内容を必ずご確認ください。当てはまる項目がある場合は、ショップまでご相談ください。

>>ダイバーメディカル・参加者チェックシート(pdfファイル)

youtubeチャンネル|ダイビングプロショップパル facebookページ|ダイビングプロショップパル twitter|ダイビングプロショップパル google+|ダイビングプロショップパル